2007年4月21日 (土)

驢馬戻る

車検から戻ってきました。
二週間ほど前にドッグ入りしていた驢馬車が戻ってきた。
今回の目的は、一回目の車検と保証切れに伴う修理と点検です。
車検を含めて、整備内容は納品書計3枚でした。
これ以降、故障不具合は、自己負担となります。
茨の道か、極楽浄土への道か期待と不安が入り交じります。笑

本日、市街地、高速走行、超高速走行(^^ゞ、山岳道とテスト走行。
右光軸が手前過ぎて、ヌオワkm/h以上の速度域×。
ヌアワkm/h位でも辛い。
再調整の必要性あり。
そのほかは、とりあえず好調。
試運転完了。笑
Imgp5218a

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

ドナドナ

そあら号、ドナドナしました。
もう少しで6年、欲しいという人がいたので譲ってしまいました。
車庫に寝かせておくわけにもいかないのでよい機会だと思いました。

新しい飼い主のところで、可愛がって貰えよ~(^.^)/~~~

Photo_62 大口開けているところ...。

これからの季節、助手席にきれいなお姉さんを乗せて大活躍でしょう。

| | コメント (2)

2006年12月 3日 (日)

ちょっと気になること

昨日、驢馬車でお出かけしました。
そのとき気になったのが、
車内に、かすかな甘ーい香りがするのです。
そう、不凍液の匂い...。
漏れてるかも。
ヒーター稼働させたので、車内に温水が廻ったのでしょうか?
Classic、2ndとこの香り嗅がされたので心配です。
体調がもどっとたら、フロアマットはがしてみよう。

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

驢馬車

驢馬車に、燃料補給。
退院後の走行距離36km  トリップコンピューターで燃費2.8km/l
給油量 92.3L  本日の納税額 \4,966-+\611

冷間始動時に少し気になる音がする。
もう一つ、始動時の排ガスがガソリンくさい。

都内を少し走る。
左前輪の振動は直ったようだ。


日曜日で都心の交通量も少なく、
軽くアクセルをあおりながら走れて、
まあ、楽しかった。

| | コメント (0)

2006年10月23日 (月)

とりあえず驢馬車快調

Photo_45
戻ってきた驢馬車を走らせた。
始動は、とても力強い。
左前輪からの振動もなくよい感じ。
加速時も、エンジンサウンドを楽しめる状態。
気になっていた振動の原因は、
ホイールバランスでなくドライブシャフトだったようだ。
始動時や交代時にステアリングが振動する現象も消えた。
ETCは、交換され、アンテナ部分にスピーカーとモニターランプがついている。
残念ながら、取り付け位置の関係でモニターランプの確認はしづらい。
スピーカーが本体より分離したのでアナウンスは五月蠅いくらいよく聞こえる。
バッテリー上がりの件は、時間をかけて確認するしかない。
今度の週末は、遠乗り出掛けられるだろうか。
楽しみだ。

少し強くクレームをつけてよかった。

| | コメント (2)

2006年10月20日 (金)

治療内容

昨日、驢馬車が戻ってきた。
まだ試運はしていないが、始動は力強かった。

整備記録がなかったので、正確なところはわからないが、


バッテリーセル不良→ 交換
ETC→ 交換
ECU関係→ 再設定
エアコンコントロール関係→ 交換
パワーステア関係→ 修理(交換?)
ドライブシャフト→交換

整備内容は大まかなこんなところのようだ。

明日のキャンプには、でんでん虫を出動させずに、驢馬車で出掛けるか..
どうしようかなぁ 

| | コメント (2)

2006年10月17日 (火)

途中経過

嵐怒漏罵の営業担当氏より、連絡があった。
いろいろと不都合を発見し修理をしたらしい。
現在その最終仕上げとのこと。
驢馬車の退院は、最短で木曜日になる様だ。

詳細は、退院後の整備記録が出てからだ。
楽しみと思えるからなんだか不思議だ。

| | コメント (3)

2006年10月13日 (金)

でんでん虫

このところ出番のないキャンピングカー。
家族おのおのの予定が合わせにくい現状を考えると、
以前のように頻繁に使う事もない。
Sandie ニャンコつれてお出かけ。

エアコン故障のまま、この夏は出番がなかった。

そろそろ、エアコン無しでも大丈夫かな。

明日、点検してみよう。

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

驢馬車入院

朝から、嵐怒漏罵の営業担当氏がメカニック氏をお供にやってきた。
こちらは営業部隊が悪いとは思わないが、同じ会社なので仕方あるまい。
メカニック氏に、今まで何度も話した不都合を説明した。
今度は、コンピューターのリセットを行うとのこと。
リセットするとスペアキーの同調作業が必要となり、スペアキーが必要だと言われる。
初めて聞く話なので、きっと今までコンピュータの不調は疑ってもいなかったらしい。
何処においたか、スペアキーは発見できず。後日同調してもらうことに。
今朝の驢馬車は、元気よく一発始動。どうなっているのやら。
代車のフリーランダーHSE 2005を置いて、驢馬車で帰って行った。
驢馬車はいつ帰ってくるのだろうか。
元気になって、帰って来るのだぞー。

| | コメント (0)

再発、入院へ。

ついに、持病再発。
何となくセルモーターの回転音が弱いように感じたが無事始動し出発。
5分ほどでスーパーマーケットへ到着、買い物を終えさて、エンジン始動....。
始動しませんでした。
レスキューサービスによるバッテリージャンプで無事始動、
持病再発でした。
明日(今日)、引き取りに来るそうです。
新車で購入以来、繰り返されるバッテリートラブル。
今回は「車両交換」をお願いしましたが、何が何でも修理したいようです。
今まで「事実」を軽視して、「不良箇所無し」という判断の繰り返し、
レンジローバーという車の問題でなく、サービスの問題かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧