2006年10月 3日 (火)

そういえば...

驢馬小屋に滞在していた義父が帰った。
持病の薬が無くなったそうだ。
ついにどさくさに紛れて大酒が飲めなくなった。
仕方ない、のどが渇いたのでと冷蔵庫に手をかけると、
「このところ休肝日を忘れて無いかい」と山の神様が一言。
忘れた頃の休肝日となりました。
これで寿命が、死ぬまでのびたと思います。うことにしました。

| | コメント (4)